サービス

コールセンター業務(電話受信発信事務代行業)

顧客対応: コールセンターの主な役割は、顧客からの問い合わせや要求に迅速かつ効率的に対応することです。これには、製品やサービスに関する情報提供、注文受付、問題解決、クレーム処理などが含まれます。

テレマーケティング: 一部のコールセンターでは、商品やサービスの販売促進を目的としたテレマーケティング活動が行われることがあります。これには、新商品やキャンペーンの紹介、顧客のニーズや興味を把握するためのアンケート調査などが含まれます。

技術サポート: より専門的なサポートが必要な場合、技術サポートを提供するコールセンターもあります。顧客が製品やサービスを正しく使用できるように、トラブルシューティングや問題解決の支援を行います。

アウトソーシング: 多くの企業は、自社でコールセンターを運営する代わりに、外部の専門業者に業務を委託することがあります。これにより、コスト削減や効率向上、専門知識の活用などの利点が得られます。

多言語対応: グローバルな顧客を持つ企業向けに、複数の言語での対応が必要な場合があります。多言語のオペレーターを配置し、顧客に応じて適切な言語でサポートします。

文書作成事務

文書作成: 文書作成事務では、さまざまな種類の文書を作成します。これには、報告書、プレゼンテーション、メモ、メール、契約書、マニュアルなどが含まれます。作成される文書は、企業内外の関係者とのコミュニケーションや情報共有、業務の進行管理などに使用されます。

文書編集: 文書作成事務では、作成された文書の校正や修正も行います。文法やスタイルのチェック、誤字脱字の修正、文章の改善などが含まれます。また、企業のスタイルガイドやフォーマットに従って文書を整える作業も行います。

文書管理: 文書作成事務では、作成された文書の保存、分類、整理、検索などの管理業務も行います。これには、文書のデータベース管理システムの利用やファイリングシステムの構築、文書のアーカイブ化などが含まれます。必要な文書を迅速に見つけることができるようにするため、効率的な文書管理が重要です。

会議やイベントの資料準備: 会議やイベントのための資料や報告書の準備も文書作成事務の一部です。これには、会議議事録、議題リスト、プレゼンテーション資料、参加者リストなどが含まれます。必要に応じて、データや情報の収集や整理も行います。

フォーマット作成: 文書作成事務では、企業のスタイルガイドやフォーマットに従って文書を整える作業も行います。これには、ロゴやフォント、色、レイアウトなどのデザイン要素の統一や調整が含まれます。統一されたフォーマットにより、企業のプロフェッショナリズムやブランドイメージを向上させることが目的です。

秘書・受付・通訳・電話受信発信事務

秘書業務では、上司や管理者のスケジュール管理を行います。具体的には、会議や予定の調整、スケジュールの組み立て、重要なイベントの管理を担当します。また、書類の整理やファイリングを行い、文書の分類、整理、保管、機密性の管理なども行います。さらに、受信したメールや書類の管理も担当し、必要なときに適切なアクションを取ります。

受付業務では、来客や電話の受け付けを行います。来客の案内や応対、電話の取次ぎなどを担当します。また、会議室や施設の予約管理や郵便物や荷物の受け取りと配布も行います。

文書作成業務では、報告書、プレゼンテーション、メモ、メールなどの文書作成を行います。必要に応じて文章の作成、編集、フォーマット作業を行います。さらに、会議やイベントの資料準備や文書管理も担当します。

電話受信発信業務では、電話の受け付けと応対を行い、来電の受け付け、問い合わせへの対応、転送などを行います。また、電話の発信やメッセージや情報の伝達も担当します。

事務用機器・通信機器の操作

コピー機の操作手順は以下の通りです。まず、電源を入れ、必要な機能を選択します。次に、オリジナルをスキャナーにセットし、スタートボタンを押してコピーを開始します。最後に、出力トレイからコピー物を取り出します。

ファックス機の操作手順は次の通りです。まず、電源を入れ、送信または受信モードを選択します。送信の場合は、送信先の番号を入力して送信を開始します。受信の場合は、ファックスモードを選択しておきます。

電話機の操作手順は次の通りです。まず、受話器を取り、ダイヤルトーンが聞こえるのを待ちます。次に、発信したい番号をダイヤルし、相手の応答を待ちます。通話が終了したら、受話器を置きます。

プリンターの操作手順は次の通りです。まず、電源を入れ、コンピュータから印刷ジョブを送信します。プリンターが用紙を取り込んで印刷を開始し、印刷が完了したら出力トレイから印刷物を取り出します。

システムプログラミング等の業務処理の請負業

システムプログラミング等の業務処理の請負業は、企業や組織が特定のプロジェクトやタスクを外部の専門家や企業に委託するサービスです。具体的には、以下のような業務を提供します。

システムプログラミングでは、コンピュータシステムやソフトウェアの開発や保守を行います。システムプログラマーは、コンピュータシステムの要件定義、設計、実装、テスト、デバッグ、および保守を行います。

ソフトウェア開発では、カスタムソフトウェアの開発を行います。顧客の要件に基づいて、ウェブアプリケーション、モバイルアプリケーション、デスクトップアプリケーションなどの開発を行います。

システムインテグレーションでは、複数のハードウェアやソフトウェアコンポーネントを統合して、単一のシステムやソリューションを構築します。異なるシステムやサブシステムを統合し、システム全体の機能性やパフォーマンスを確保します。

データベース管理では、データベースの設計、実装、保守、管理を行います。適切なデータベースを設計し、データの収集、保存、処理、分析を行います。 品質保証とテストでは、開発されたシステムやソフトウェアの品質を確保するためのプロセスを行います。

品質基準やテストプランに基づいて、システムやソフトウェアのテストを実施し、品質の向上を目指します。

料金表

サービス内容料金(1時間あたり)
電話受信発信事務代行業・文書作成事務¥1,200 – ¥1,500
秘書業務・受付業務・通訳業務¥1,500 – ¥2,000
電話受信発信事務(通訳付き)¥2,000 – ¥2,500
事務用機器・通信機器の操作¥1,200 – ¥1,500
システムプログラミング¥2,500 – ¥3,000